いま必要性が増している医療現場の仕事について

さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

いま必要性が増している医療現場の仕事について - さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

ドラマでも話題の救急救命士!



iryou...9



近年頻発する大規模災害の中で、いま注目を集めている仕事がある。


それは、救急救命士といわれる職業で、
現在NHKで放送されている、『ボーダーライン』というドラマで、
藤原紀香が演じて話題を呼んでいる。


ドラマは消防に関わる仕事全般を描いていて、
災害や救助の現場で生死に関わる決断を迫られる消防士や、
救急救命士達の等身大の姿をとらえている。


救急救命士とはいったいどのような職業なのだろうか。


救急救命士は救急車に同乗し、病院までの搬送中、
患者に急変が起こった際に医師の指示のもとで、
救急救命の処置を行うのが主な仕事だ。


その点だけをみれば看護師との違いが分かりにくいが、


看護師が、患者の治療やケアやリハビリといった、医療行為だけではなく、
カルテの作成や整理といった、事務作業も行うのに対して、


救急救命士は、患者の中でも心肺停止状態の人など、
一分一秒を争う状態の人の応急措置を行いながら、
適切な医療機関へ搬送する仕事だ。


つまり…


看護師は、医療機関で患者の治療やサポートをする仕事で、
救急救命士は、患者の応急措置をしながら、
無事に医療機関まで送り届ける仕事ということである。


看護師は医療機関に勤めているが、
救急救命士は消防署に基本勤めており、身分は地方公務員である。


そのため、救急救命士になるには、
消防官採用試験に合格することが必要で、
合格までの道のりは決して簡単ではない。


また、24時間体制を採っていることや、体力面からも、
女性が結婚・出産を経て、働き続けるのはとても困難だ。


しかし、救急救命士の役割と存在意義は、ますます高まる一方なので、
女性も含めた雇用政策の拡大が求められている。





Category: 救急救命士