いま必要性が増している医療現場の仕事について

さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

いま必要性が増している医療現場の仕事について - さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

多方面に活躍できる獣医師という職業!



iryou...9



現在日本で飼育されているペットの数は、
犬や猫だけで、2000万匹と言われており、
少子化の続く日本では、いまや、15歳以下の子どもより、
ペットの総数の方が多くなっている。


しかし「ペットの命」を金儲けの手段としてしか、
見ていない人も多く、業者・飼い主問わず、
ペットに対する扱いの酷さが、社会問題化している。


こうした中、多方面で活躍しているのが、獣医師だ。


病気やケガを抱えた動物の診療にあたるだけではなく、
水族館や動物園で暮らす、動物・生物達の体調管理や、
ペット関連の住民トラブルへの対応など、
その役割は、ますます重要性を増している。


獣医師になるには、医師や歯科医と同様に、
国家資格が必要になる。


獣医学部や獣医学科を持つ大学に入学し、
6年間学ぶわけだが、現在日本には、
国公立と私立合わせても、獣医系大学は、
16校しかなく、非常に狭き門となっている。


医学部ほどではないにしろ、私立だと、
学費が6年間で1000万円を超えるため、
資力がないと、大学生活を続けるのも難しい。


また、研究に力を入れている大学もあれば、
臨床に重点を置いている大学など、それぞれに、
特徴があるので、自分がどういう獣医師になりたいのか、
きちんと将来を見つめた上で、進学先を選ぶことが大切だ。


大学入学は狭き門だが、年に一度行われる、
獣医師国家試験は、合格率が8割を超えており、
勤務先も幅広いので、将来は安泰な職業と言える。


数年前、NHKでマンガが原作の獣医師を描いたドラマ、
『ワイルドライフ』が放送され、好評を博した。


仕事の多様性もさることながら、
ペットも幅広い動物や生物が飼われている昨今、
ますますその重要性が高まっている。





Category: 獣医師