いま必要性が増している医療現場の仕事について

さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

いま必要性が増している医療現場の仕事について - さらに必要となってくる医療関係の仕事について、 幅広いジャンルでまとめてみました。

医薬分業が進む中、重視される薬剤師!



iryou...9



医薬分業が一気に加速したのは、
1997年に健康保険負担が、1割から2割になった辺りからだろうか。


病院やクリニックは、医療法で株式会社の参入を禁止しているが、
保険薬局は薬事法のもとにあるので、
薬剤師の免許を持たない人でも経営できるため、
市場規模は膨れ上がり、成長産業の有望株として、
最近では、コンビニエンスストアや商社も参加している。


その中で、ますます役割が重要となっているのが薬剤師だ。


薬剤師になるには、全国に74校ある、
薬学系の学科を設置している大学に入学し、必要な知識を習得し、
年1回行われる、薬剤師国家試験に合格しなければならない。
(かつては4年だったが、現在は6年課程)


就職先は調剤薬局やドラッグストア、
病院や製薬会社が主なものとして挙げられる。


調剤を一歩間違えれば、患者の命に関わることもあり、
次から次へと違う人の調剤をするため、
とても高い集中力と注意力が求められている。


以前は、薬剤師になれば将来は安泰だと言われていたが、
近年薬剤師の数は急激に増加しており、
ほかの先進国と比較しても多い数となっている。


将来的には飽和状態となり、薬剤師の数が余ることも十分考えられる。
これは、薬局もまたしかりだ。


そのため、これからは、
「単に与えられた処方箋によって、調剤をする」
こういったことは当然のことだが、
より医師に近い業務をカバーすることのできる、
高度な専門性及び、知識を備えた薬剤師が求められてくる。


地域医療の重要性が喧伝される中、
病院やクリニックだけではなく、薬局も必要とされている存在だ。


医療に従事しながら経営のノウハウを学び、
生まれ育った地元で独立開業できるシステムを確立することも、
これから進んでいくのではないだろうか。